顔グラフ
目(学習の消化数)
学習の消化数を示しています。
学習プラン通り、またはそれ以上の消化で最も良い目、
学習プランに満たないと、その分、だんだんと悪い目となります。
学習プランとは、学習期間で全学習を消化する場合の、その時点で消化すべき学習の問題数のことです。
口(学習時間)
学習時間を示しています。
平均値である、またはそれ以上の学習時間で最も良い口、
平均値に満たないと、その分、だんだんと悪い口となります。
学習時間の平均値とは、学習に参加している人全員の学習時間の平均値です。
眉(学習適切度)
学習の適切度を示しています。
不適切学習が全く無い場合は、最もよい眉、
不適切学習が増えると、その分、だんだんと悪い眉となります。
学習が不適切学習かどうかは、管理者があらかじめ決めた内容を基に決定されています。