ネットワーク型集中英語学習プログラム ネットワーク型集中英語学習プログラム
ぎゅっとeポータル ネットワーク型集中英語学習プログラム
ぎゅっとeについて
無料体験版 お申し込み お問い合わせ MyPage 教育・法人版
  TOPぎゅっとeについて
ぎゅっとeの「ぎゅっと」は・・・

語学学習は集中して行うことで実力が付いてきます。
「ぎゅっと」とは「集中」「Intensive」、集中して学習するという意味から名称を付けています。

中学・高校・大学と英語を8年も勉強したのに、どうして英語が使えないのでしょう?
それは、8年もかけて勉強したからです。

クラブ活動でのスポーツを想像してくみてださい、月曜日から金曜日まで毎日集中して練習していけば、1年で相当な実力が付きます。
同じ練習時間ですが、1週間に一度5年間続けた人とは相当な差ができています。
語学練習も同じ事が言えます、集中して短期間に学習すれば一気に実力が付いてきます。

「のんびり楽して英語力が伸びる」ではなく、
「徹底した集中訓練で、飛躍的に英語力を伸ばす」ことを開発思想とした
新発想のネットワーク型集中英語学習プログラムです。

ぎゅっとeの「e」は・・・

インターネットに接続できるパソコンがあれば、すぐに学習を始めることができます。
すなわち「e(イー)ラーニング」ですが、“e”(イー)とは、eラーニングの意味で付けています。
また、“e”(イー)とは、良い教材を提供する意味も込められています。
英語教育学の専門家が全て目を通して作成したオリジナル教材で、
学習効果が上るような教材が用意されています。

IETWからぎゅっとeへ

ぎゅっとeは、広島市立大学国際学部の青木信之教授と渡辺智恵助教授が
発案、開発されたIETW(Intensive English Training on the Web)からの発展した形です。

長年の研究・開発と学習効果の調査を重ねた末、
IETWは、2002年に文部科学省「特色ある大学教育支援プログラム」に採択されました。
そして、広島市産学官共同研究開発補助制度の補助受託を受けて、
ぎゅっとe開発プロジェクトは始動しました。

優れたIETWの学習効果を継承し、これまでの研究データと新たな教材開発、
新発想の管理機能を充実させたシステム開発により、
進化し続ける形…それが、ぎゅっとeです。


広島市立大学のCALL教室で使用できる教材としてIETWを青木信之教授と渡辺智恵助教授が発案、そして開発を始め、実測データにより改良を行う。

・1998年度から 課外授業として希望者のみの受講で開始
・2001年度から 広島市立大学では正規英語科目として単位認定
・2002年度

文部科学省 「特色ある大学教育支援プログラム」 採択
広島市産学官共同研究開発補助制度の補助受託を受けて、ぎゅっとeプロジェクトを立ち上げ、学校・一般への販売が行えるように新たな教材開発と、管理機能を充実させたシステム開発に着手


・2003年度から 他大学との共同研究開始 自宅アクセス実験開始
・2005年度 「ぎゅっとe」販売開始

このIETWによる学習効果についての学術的な記述とデータが、広島市立大学国際学部の青木信之教授のIETWホームページに公開してありますのでご参考ください。

IETWホームページ 開発思想

PageTop

コンテンツメニュー
ぎゅっとeについて
学習内容
コースと価格
目的別コース選択法
個別学習診断システム
体験者の声
Q&A/動作環境
リンク集
Topページへ
ぎゅっとeについて 学習内容 コースと価格 コース選択法
個別学習診断システム 体験者の声 Q&A/動作環境 リンク集 教育・法人版
無料体験版 お申し込み お問い合わせ 個人情報の保護
Copyright 2006 Hokushin-Eiden All rights reserved.